学生プロレスの魅力は下ネタリングネーム?西南学院大学学園祭にて

学生プロレスの魅力

こんにちわ、プロレスはするより見る方が好きな人代表、ナカゴミです。

皆さんは学生プロレスをみたことありますか? 今回は個人的に学生プロレスをぜひ観にいってほしい!と思い、魅力を書いていこうと思います。ソフトな下ネタリングネームに、笑いあり、かっこいい技ありのエンターテイメントですので、機会があれば是非観に行ってみてください。

 

学園祭や商店街のイベントで興業が行われている事もありますので要チェックです!ちなみに今回は西南学院大学の大学祭(学園祭)に撮影・取材にいってきました(試合は九州産業大学のプロレス研究部)

 

▼目次

リングネームが魅力
実況が魅力
技・臨場感が魅力

 

 

リングネームが魅力

今回の試合だけでも「ガンシャ二∞(エイト)」「赤いそら」「天草ちろう」等、学生プロレスには、下ネタリングネームが多いという特徴があります。どうやらそれは伝統文化のようで、名前だけでも憶えていってもらおうとの狙いがあるみたいです。

 

(例)珍コクサイ、ヌキ道山、ぼくフェラエモン、ヌレヨンちんちゃん、チン先真性(レイザーラモンRGの学生時代リングネーム)、等。

 

 

実況が魅力

プロとは違い、技が決まらない事も多々ありますので、そこは実況が笑いに変えてフォローしています。実況の良し悪しで試合の面白さが全然ってくる!といっても過言ではないと思います。実況を通じて、選手の人柄が見えてきますので、より応援にも力が入ります!

 

「いやぁ、技にキレがありませんねぇ。就職活動の疲れですかねぇ。また昨日も2時面接で落ちたと言ってましたし。心配ですねぇ」

 

留年が確定した彼は昨日、学生プロレスは5年で完成する。っていってましたし、やはり1年生とは貫録が違いますねぇ」

 

「彼は今日がデビュー戦なので、まだ技がないんですよ。意外に優勢になってしまい、こんな時、どうしたらいいかわからないんでしょうねぇ」

 

「あっ、これは先週ずっと練習していた技ですね。昨日まではすごくひどかったのに、今日はうまくいったように見えましたねぇ。いやぁ、本当にひどかったんですけど、人間わからないものですねぇ。本人もびっくりしているようですし」

gakupuroro

 

 

技・臨場感が魅力

ボケとツッコミのコントのような場合もありますが、突然華麗な技を決める時もあり、そのギャップに痺れます!実際に叩いているので皮膚が真っ赤になりますし、結構練習したのだろうな、と思う瞬間が多々みえます。

 

また、本場のプロレスもそうですが、ルールはあってないようなもので、レフリーがみていないところで試合外の者が攻撃していたりします。レフリーも露骨なチラ見等、見て見ぬフリをしたりしますので、反則を楽しむのも一興です(笑)

 

反則一覧

①拳による首より上への攻撃
②ロープに触れた状態の相手への攻撃
③チョーク(呼吸器官)への攻撃
④2人以上での攻撃(タッグマッチ時)
⑤ヒザ、ヒジの鋭利な部分での攻撃
⑥噛みつき、目つぶし
⑦口や鼻をふさぐ攻撃
⑧覆面レスラーのマスクを脱がす行為
⑨凶器攻撃
⑩レフェリーへの暴行
⑪試合出場権がない者による攻撃

gakuseipuroresu

 

さいごに

学生プロレスはお笑い要素の方が強い事もあり、本場のプロレスは痛そうでみてられない…という人には丁度良いかもしれません。リングも実況も、レフリーも、全員でおもしろいものをみせようという思いが伝わってくる温かいショーですので、ぜひ一度足を運んでみて下さい。

 

4年間という限られた学生生活の集大成を、温かい目で応援よろしくお願い致します。

 

▼マッチョの関連記事

太らない体のつくり方「筋トレ+食事改善」で基礎代謝UP!

ビジネスマンのための筋トレ・ダイエット・健康美!!【まず自己紹介】

ベストボディジャパン2014日本大会へ(東京大会通過)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中込 智喜|TOMOKI

中込 智喜|TOMOKI代表取締役CEO

投稿者プロフィール

株式会社スマイルアカデミーCEO。1984年、山梨県生まれ。早稲田大学スポーツ科学部スポーツ医科学科卒業後はリクルートにて人材コンサルティング営業として企業の採用活動に従事し、数々の賞を受賞後29歳で独立。地域活性や教育、海外事業等を通じて「世界中の笑顔を繋ぐ事で、人類をより幸せにする」為にスマイルアカデミーを立ち上げる。

テニスの実力は大学時代、庭球部(テニス部)にて団体日本一連覇に貢献するレベル。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

関連記事

ページ上部へ戻る