小学生の仕事体験(福岡・西新勝鷹夢まつり)報告・ふりかえり

仕事体験 小学生 福岡

スマイルキッズ商店街(小学生の仕事体験)の活動として、毎年10月に行われる西新商店街(福岡)のお祭り「勝鷹ゆめまつり」にて、模擬店と併設し、小学生が運営する駄菓子屋さんをスマイルアカデミーと西新商店街の合同で出店致しました。

 

活動趣旨

今回の活動は、自ら考える、行動する、発言するの3つを大切なテーマとして設定し、「仕入れ・売上・利益の関係」「商売の基本・販売の方法」を勉強しつつ、自分たちで話しあい、お店作りをしていく過程でチームでの協同を体感して頂く約3時間のプロジェクトです。

 

D

 

事前学習

まずは座学で「売上・仕入・利益」について学び、商売の基本を勉強しました。今回は小学2年生の子もお姉ちゃんとの参加があり、まだ2年生には中々難しかった模様。なんとかかんとか、理解してもらえた・・・はず(笑)

 

D

 

なんとか座学を終え、ここからはみんなで自己紹介をしてチームでの活動です。お店の名前を決めたり、POPをつくったり、どうやったら売れるか作戦を考えたりで、ここまできてやっと、みんなの目に生気が戻ってきました。

 

D

 

ちなみにお店の名前は「ダイエー」だとか「セブンイレブン」だとか、かなり際どい(むしろアウト)な店名がいくつか候補にありましたが、結果としてスタンダードな「だがしや」に決定!

 

 

お店作り・販売

お店の名前やPOP等が完成し準備が整ったら、早速お店作りです。今回は普段はおかず等を売っているお店が日曜でお休みだったので、そちらの店舗前をお借りし、ステキなお店にしてみました♪

 

D

 

お店が完成し、今度はお客さんをみんなで呼び込みます。先程の作戦で大きい声で元気よく!と話していたとおりに、元気いっぱいで呼び込むと、すぐにお客さんが集まってきました。西新商店街は巣鴨よりも人通りが多いというだけあり、ひっきりなしにお客さんがくるので大忙しです。

 

D

 

ごみ先生も子供達に負けじと頑張っておりましたが、ついつい素敵な女性に声をかけられたのでニヤニヤしながら話し込んでいたら、子供達に見つかりすぐに怒れました(涙)面目ない・・・(>_<)

 

D

あれよあれよとお店の商品がなくなり、最終的には、台風で雨が降っているにも関わらず、345個のお菓子を6人で約1.5時間で完売致しました(゚∀゚)いえーい

 

 

集計・片付け

商品がなくなったのでお店を片付け、再び机に戻って、実際にいくら売れて、どれだけの利益がでたのかをみんなで計算しました。今回の結果は仕入れが2980円で売り上げが3420円。つまり、利益が440円でました(∩´∀`)∩

 

最後はみんなで振り返りを行い、今回のプロジェクトは終了です。

 

D

 

振り返り

台風接近に伴い、途中で大雨が降る場面もありましたが、悪天候も気にせず、子供達が元気よく接客している姿が印象的な仕事体験でした。POP作成から商品の並べ方、呼び込みまで自分たちで考え、意見を出し合う工程を子供達が非常に楽しみつつ行えており非常に良いチームだったと思います。

 

また、子供達が商店街の方達にも積極的に話しかけ、お祭り全体を盛り上げる効果もあり、地域交流の一環としても効果的なプロジェクトだったと思います。子供達側からも商店街側からも、また次も参加したいとの声を頂きましたので近いうちに次のプログラムも開催予定です。

 

詳細は随時、スマイルアカデミーのHP又は「スマ割」にて公開いたしますのでご確認下さい。

 

次回の参加をおまちしております♪

 

▼小学生仕事体験の関連記事

スマ学(学童保育)|福岡西新

スマイルキッズ商店街(小学生仕事体験)|福岡

子供の運動神経向上!悪いのは遺伝ではない

 

i049

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中込 智喜|TOMOKI

中込 智喜|TOMOKI代表取締役CEO

投稿者プロフィール

株式会社スマイルアカデミーCEO。1984年、山梨県生まれ。早稲田大学スポーツ科学部スポーツ医科学科卒業後はリクルートにて人材コンサルティング営業として企業の採用活動に従事し、数々の賞を受賞後29歳で独立。地域活性や教育、海外事業等を通じて「世界中の笑顔を繋ぐ事で、人類をより幸せにする」為にスマイルアカデミーを立ち上げる。

テニスの実力は大学時代、庭球部(テニス部)にて団体日本一連覇に貢献するレベル。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

関連記事

ページ上部へ戻る