遺伝子泥棒が多発?デザイナーベイビーによる、人類の可能性と問題点

baby-72147_640

こんにちわ、遺伝子の勉強をもっとしておくべきだったと後悔中のナカゴミです。

今回は、あと10年もすれば始まるであろう「デザイナーベイビー」のもたらす人類の可能性と、問題点について紹介していきます。そのうち、遺伝子泥棒も身近になってくると思われますので、今のうちから注意しておきましょう!

 

▼目次
1、デザイナーベイビーとは
2、超えるべき3つの問題
3、遺伝子詐欺や遺伝子泥棒
4、更なる貧富の格差へ
5、「持てる者」と「持たざる者」

 

 

デザイナーベイビーとは

遺伝子を操作する事によって、求める才能や適性、知能、体力、病気耐性や髪の色、瞳の色といった部分まで、生まれる前にデザインする事で、人間の持つ可能性を最大限に引き出すことができるかもしれない、人類の夢です。

 

遺伝子をデザインする事で、宇宙空間での適応能力アップや、命に関わるような病気にならない体、より多くの情報を記憶する事ができる頭、老化が物凄くおそい肉体等、人類の可能性を飛躍的に広げる事ができるでしょう。

 

誰だって、自分の子供には健康でいてほしいと思いますし、色々な事に挑戦できる大きな可能性を持っていて欲しいはずです。近い将来、まずは病気の耐性(ガンにならない等)だけでも、遺伝子をデザインする、という未来が訪れると思われます。

silhouettes-78013_640

 

 

超えるべき3つの問題

デザイナーベイビーが普及するまでには3つの問題(技術的問題、コスト的問題、倫理的問題)があります。

 

技術的にはアメリカで遺伝子解析技術の特許がとられる等、もう既に目前まできており、コスト的問題に関してもあと10年もすればお金持ちであれば手を出せるレベルまで安くなると思われますが、倫理的問題は宗教等の問題から、まだまだ時間がかかるでしょう。

 

ただ、どんな事でも国によっては合法な地域が必ずありますので、裕福な人たちはその地域に国籍をうつし(または別に作り)、合法的なデザイナーベイビーを生み出すようになります。そういった人達が増えてくれば「生まれてしまっているものはしょうがない」と、自然と社会に認められてくると思われます。

woman-571715_640

 

 

遺伝子詐欺や遺伝子泥棒

「○○(偉人・天才)の遺伝子、2億円でうります」という怪しい遺伝子ブローカーや、有名人・偉人の遺伝子と偽って「偽物」の遺伝子を売り歩く遺伝子詐欺、有名人の髪の毛や唾液から勝手にDNAを採取する遺伝子泥棒といった遺伝子に関する犯罪が横行するようになるでしょう。

 

好きな人の唾液を手に入れる事ができれば、そこから採取したDNAでその人の遺伝子を持った子供を生む事もできます…おそらく法律の整備も追いつかないと思いますので、かなりカオスな世の中になるかもしれません( ゚Д゚)

 

ちなみにDNAは細胞の中にあるものなので、髪の毛自体には存在せず、髪の毛の生えている毛根の細胞から採取する事ができます。ですので現在のところは、美容室で切った髪からの採取は非常に困難です(抜いた毛からはとれますが)。

microbiology-163470_640

 

 

更なる貧富の格差へ

デザイナーベイビーを作るにはお金が非常にかかりますので、作ることができるのは、裕福な家庭に限られます。つまりお金のある家庭では、生まれながらにして優秀な子供を産む事ができ、その子供は生まれ持った才能を活かす事で、更にお金を生み出すことができるようになるでしょう。

 

逆を言えば、お金のない家庭では生まれてくる子供の遺伝子をデザインする事はできません。現在でも、教育にお金をかける事ができる・できないで次世代の格差が広がる仕組み(貧困の連鎖)になっているものの、その貧困の格差はさらに広がるでしょう。

boy-633014_640

 

 

持てる者と持たざる者

「持てる者」の自分たちは選ばれた人類であるという選民思想的な考えや、「持たざる者」のデザインされた者たちへの優秀さに対する妬み、が世の中に広がってしまうと、新たな戦争を引き起す可能性もあります。

 

アニメ、ガンダムSEEDでは遺伝子を操作・調整した人を「コーディネイター」、遺伝子を調整していない人を「ナチュラル」と言い、そんな両者の戦争を描いております。この作品では、まさしく先程の「選民思想」と「妬み」によるお互いの価値観の違いから争いが生まれています。

 

個人的に好きで、非常に興味深い内容になっているので、デザイナーベイビーに興味がある方はぜひ見て下さい。お勧めです!

 

 

さいごに

デザイナーベイビーのもたらす人類の可能性と、問題点はいかがでしたか? 例えどんなことがあろうとも、人類は歩みを止めませんので、デザイナーベイビーが生まれてくるのは時間の問題だと思われます(すでに実在している可能性が高いですが…)。

 

そんな未来には、どんな問題が起き、人々が何を求めるのか。今のうちから準備しておくことができれば、ビジネスにおいても成功できるかもしれません。

 

「遺伝子泥棒対策グッズ」とか物凄くニーズがありそうですが…

 

いまのうちから考えておきましょう!

 

 

▼未来予想・遺伝子の関連記事

ロボットキャバクラが流行る?人口知能の仕組みと、生まれるビジネス

遺伝は10%だけ!運動神経悪い子供も鍛える事で向上可能

2050年には人口1億4千万人!タンザニアの経済急成長に世界が注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中込 智喜|TOMOKI

中込 智喜|TOMOKI代表取締役CEO

投稿者プロフィール

株式会社スマイルアカデミーCEO。1984年、山梨県生まれ。早稲田大学スポーツ科学部スポーツ医科学科卒業後はリクルートにて人材コンサルティング営業として企業の採用活動に従事し、数々の賞を受賞後29歳で独立。地域活性や教育、海外事業等を通じて「世界中の笑顔を繋ぐ事で、人類をより幸せにする」為にスマイルアカデミーを立ち上げる。

テニスの実力は大学時代、庭球部(テニス部)にて団体日本一連覇に貢献するレベル。

この著者の最新の記事

ピックアップ記事

関連記事

ページ上部へ戻る